バックパック

バックパッカー初心者のための海外旅行術

はじめてバックパックを背負っての海外旅行は不安だらけだと思います。
宿の探し方、貴重品の持ち方、移動の仕方、国境の越え方、ATMの使い方などバックパッカーは実際どうやって旅をしてるの?
などの疑問をもつ方のために、役に立つバックパッカー旅行術を紹介します。バックパッカー情報の他に観光情報や旅の写真なども公開しています。


 
■海外旅行術

■準備

バックパックのブランド一覧


■バックパックのブランド一覧

■バックパックのブランド一覧

バックパックのブランドを一覧にしてみました。

登山向けのブランドもありますが、ショップなどでよく見かけるものを中心にまとめています。 バックパック選びの参考にしてみてください。ちなみに私は「カリマー」のバックパックを使っています。

紹介しているブランドは以下のとおりです。

・カリマー(karrimor)
・ノースフェイス(THE NORTH FACE)
・コロンビア(Columbia)
・オスプレイ(osprey)
・タトンカ(TATONKA)
・ドイター(deuter)
・ミレー(MILLET)
・モンベル(mont-bell)
・グレゴリー(GREGORY)
・パタゴニア(Patagonia)
・マウンテンダックス(Mountain DAX)
・ロウ・アルパイン(Lowe Alpine)
・コールマン(Coleman )
・マムート(MAMMUT)
・アコンカグア(Aconcagua)
・ホグロフス(HAGLOFS)
・アークテリクス(Arc'teryx)
・ファウデ(VAUDE)
・バーグハウス(berghaus)
・マックパック(macpac)


バックパックブランド一覧
ブランド名説明
カリマー(karrimor)イギリス 1946年設立のイギリスのアウトドアブランドです。「カリマー」の名前は「carry more」から来ているそうです。 私もカリマーのバックパックを使っています。

    
ノースフェイス(THE NORTH FACE)アメリカ 1968年にサンフランシスコで創業したアメリカのアウトドアブランドです。 名前の由来は、登るのにもっとも困難と言われている「北壁」(どこの山かは不明)から来ているそうです。

    
コロンビア(Columbia)アメリカ アメリカのオレゴン発のアウトドアブランドです。 もともとは1938年にドイツから移住してきた創始者が帽子問屋の権利を買い取って始めたそうです。 名前の由来は近くに流れていたコロンビア川です。

      
オスプレイ(osprey)アメリカ 1974年にカリフォルニアで創業したアメリカのアウトドアブランドです。 名前の由来はミサゴという鳥です。ロゴもミサゴの絵が使われています。

    
タトンカ(TATONKA)ドイツ ドイツで創業されたアウトドアブランドです。 タトンカはネイティブインディアンの言葉で「バイソン」を意味します。 映画「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に影響されて1993年に社名を変更したそうです。

      
ドイター(deuter)ドイツ 1898年にハンズ・ドイターによって創業したドイツのブランドです。 1919年にドイターという社名に変更しました。社名は創業者の名前に由来します。 私は登山用に使っていますが、こんなに古いブランドとは知りませんでした。

    
ミレー(MILLET)フランス 1921年にマルク・ミレー夫妻によって設立されたフランスのブランドです。 1930年代よりザックのブランドとして有名になりました。社名の由来は創業者の名前からです。

      
モンベル(mont-bell)日本 登山用品で有名な日本のメーカーです。 1975年に辰野勇らによって設立されました。 名前の由来は不明ですが「美しい山」という意味のようです。(フランス語?)

      
グレゴリー(GREGORY)アメリカ 1977年にウェイン・グレゴリーによって設立されたアメリカのブランドです。 ウェイン・グレゴリーは若い頃からアウトドア用品を作っていたようですが、 1977年に「「グレゴリー・マウンテン・プロダクツ」という社名で会社を設立しました。

    
パタゴニア(Patagonia)アメリカ もともとイヴォン・シュイナードが1973年にウェア部門専用に作ったアメリカのブランドでしたが、 1979年に法人化され、ウェア以外にも登山・サーフィン用品、バックパックなどを扱っています。 名前の由来は南米の「パタゴニア」です。 「地図には載っていないような遠隔地」「氷河に覆われた山岳、ガウチョ、コンドルが飛び交う幻想的な風景」というイメージからとったそうです。

    
マウンテンダックス(Mountain DAX)日本 1977年に半谷貞夫によって設立された日本の登山用品メーカーです。 名前の由来はWEBサイトを見る限り「Daring(冒険的気性)/Attempt(試み)/X(未知)」の頭文字をとったようです。

      
ロウ・アルパイン(Lowe Alpine)アメリカ 1967年にロウ3兄弟によって設立されたアメリカのアウトドアブランドです。 その後イギリスなどいくつかの会社などに売却されているようです。 名前の由来はロウ3兄弟の名前とアルパイン(「高山の」「アルプスの」という意味)を組み合わせたものだと思います。

      
コールマン(Coleman )アメリカ もともとW・C・コールマンが1900年にアメリカで設立したハイドロカーボン・ライト・カンパニーが母体です。 ランプを生産していた会社ですが、次第にアウトドア用品を販売するようになりました。 名前の由来は創業者の名前からです。バックパックは30L以下の小さめが多いです。

      
マムート(MAMMUT)スイス もともとロープメーカとして1962年に設立されたスイスの会社です。 マムートのロゴはマンモスのようなロゴですが、これは1943年に「Power and Strengtd」を象徴するために選ばれたそうです。 マムートはゾウやマンモスのような動物みたいです。今ではトレッキング用品なども扱っています。

    
アコンカグア(Aconcagua)不明 WEBサイトの情報が少ないので、創業年や国が不明ですが、 オンラインショップを見るか限り、60L以上の大きめのバックパックが豊富そうです。 バックパックの名前もメンドーサ、バリローチェ、フィッツロイなどアルゼンチンの町の名前が付けられておりユニークです。 名前の由来は、そのまま南米最高峰の「アコンカグア」でしょう。

      
ホグロフス(HAGLOFS)スウェーデン 創業年は不明ですが、1914年にホグロフがスウェーデンで最初のバックパックを作成し、その後地元の人たちに売り始めたのが最初のようです。 主に北欧で人気ですが、最近日本でもよく見かけるようになりました。名前の由来は創業者の名前からだと思います。

      
アークテリクス(Arc'teryx)カナダ 創業年や創業者は不明ですが、カナダのブランドです。 名前の由来は始祖鳥(ARCHAEOPTERYX LITHOGRAPHICA)からです。バックパックには始祖鳥の化石のロゴがプリントされています。

      
ファウデ(VAUDE)ドイツ 1974年 Albrecht von Dewitzによって設立したドイツのブランドです。 名前は創業者のイニシャル(V.D)からです。家族経営の会社のようですが、日本ではあまり情報が見つかりません。登山ショップでVAUDEのバックパックをよく見かけます。

      
バーグハウス(berghaus)イギリス 1966年? イギリス人のピーター・ロッキーとゴードン・デイビソンよって設立されたイギリスのブランドです。 元々LDマウンテンセンターというアウトドア専門店でしたが、途中でブランドを立ち上げました。名前の由来はドイツ語の「山の家」からです。

      
マックパック(macpac)ニュージーランド 1973年に設立されたニュージーランドのブランドです。当時19歳だったブルース・マッキンタイヤが自作のバックを作り始めたのがきっかけです。 名前の由来はおそらく「マッキンタイヤ」という名前とバックパックの「パック」からとったと思われます。

      

バックパックのブランドもたくさんありますね。バックパック選びに関しては、こちらもご覧ください。
バックパックの選び方
バックパックの選び方 part2 - 登山用と旅行用の違い


●バックパックのブランド一覧



海外旅行術 - 記事一覧
■準備
持ち物リストとオススメグッズ
日本で揃えておきたい旅行グッズ
ノートパソコンを持っていく
ガイドブックを選ぶ
バックパックの選び方
バックパックの選び方 part2 - 登山用と旅行用の違い
おすすめサブバッグ(リュック型)
バックパック旅行に寝袋は必要か?
パスポートの取り方
ビザ・ESTAの取り方
ブラジルビザの取得
海外航空券の種類
海外航空券の探し方
海外航空券はいつ買うと安いのか?
観光地情報を調べる
荷物をコンパクトにする方法
海外旅行保険は入っておく
パスポートのコピーをとる
初日の宿はとっておく
バックパッカーに適した服装は?
国際免許の取り方
不在中の郵便物の扱い
公共料金は口座引き落としかクレジット払いにする
変換プラグと変圧器について
100円ショップで旅行用品を探す
余計なものは置いていこう
電気・戸締りの確認
黄熱病予防接種とマラリア予防薬について
緊急連絡先を控えておく
旅のルートと日程の決め方
■宿
宿の種類
宿を探す
宿選びのポイントとよくある不満
ドミトリーの泊まり方
ユースホステルはどんなとこ?
安宿のメリット・デメリット
宿のルールを確認する
Wi-Fiの接続方法
チェックアウト後に荷物を預ける
■移動
バス・飛行機のチケットを確保する
バスの乗り方(長距離、ローカル)
飛行機の乗り方
ノートパソコンとリチウム電池の扱い(飛行機の荷物)
タクシーの乗り方
地下鉄の乗り方
飛行機の乗り継ぎの仕方
飛行機の乗り継ぎに失敗したら
空路での入国審査と税関
空港・バスターミナルに深夜着いたらどうする?
バス・飛行機の座席の位置はどこがよいか?
リコンファームは必要か?
国境の越え方(陸路)
入出国カードの書き方
ロストバゲージの原因と対策
天気予報によってルートを変える
■食事
レストランで食事をする
屋台が安い
アイスを食べよう
コンチネンタルブレックファストとは
■セキュリティ
現金・クレジットカード・国際キャッシュカード・T/C
貴重品(パスポート・お金)の持ち方
お金はいくら持っていくか?
ATMで気をつけること
バッグの持ち方
襲われない歩き方
ミサンガ詐欺に注意
警官の汚職
首絞め強盗と睡眠強盗に注意
置き引きに注意
麻薬について
海外で事件・事故に遭わないための安全対策
■町歩き
ショルダーバッグが便利
インフォメーションを利用しよう
町でガイドブックを見るとき
雨の日の対処方法
スーパーへ行こう
写真の撮り方・撮られ方
小銭を用意しよう
日曜、月曜は休みが多い
教会で休憩しよう
タバコ持ってるか?
値段交渉の仕方
道に迷ったら
外国のトイレは汚い・少ない・有料
混雑する観光スポットは早朝に訪れる
■その他
町に着いて最初にやること
現地ツアーを利用しよう
洗濯の仕方
両替の仕方
為替レートの見方
海外ATMの使用方法
時差とサマータイムに気をつけよう
トイレのタイミングが大事
時間のつぶし方
他人のお土産は最後の町で買おう
一人旅か二人旅かそれ以上か
現地の言葉を覚える
バックパックの中身はきれいに入れておこう
国や町のことを知る
パスポートに押す記念スタンプについて
日記を書こう
マイルを貯めよう
外国人の友達を作ろう
ハプニングやトラブルを楽しもう
英語で住所の書き方
チップの相場と払い方
沈没とは
ときにはフリープランツアーが便利
高山病の症状と対策
自分のスタイルを確立する



■ピックアップ記事
バックパックの選び方
バックパックのブランド一覧
持ち物リストとオススメグッズ
海外格安航空券・ホテル予約サイト比較
 ■旅の本

高橋歩さんの本

 

 

 

 


吉田友和さんの本

 

 

 


その他の旅行本