バックパック

バックパッカー初心者のための海外旅行術

はじめてバックパックを背負っての海外旅行は不安だらけだと思います。
宿の探し方、貴重品の持ち方、移動の仕方、国境の越え方、ATMの使い方などバックパッカーは実際どうやって旅をしてるの?
などの疑問をもつ方のために、役に立つバックパッカー旅行術を紹介します。バックパッカー情報の他に観光情報や旅の写真なども公開しています。


 
■海外旅行術

■宿

安宿のメリット・デメリット


■安宿のメリット ■安宿のデメリット

安宿はお金のないバックパッカーにとって、とてもありがたい存在です。 しかし、安いからにはそれなりにデメリットがあることも覚えておきましょう。

安宿は「安宿」という表現で一括りにされやすいですが、その中でも超安宿から比較的ハイレベルな安宿までいろいろあります。 旅慣れてくるとだいたい建物の外観や雰囲気で、その宿の料金や”ヤバさ”がなんとなくわかるようになってきます。 料金が安ければ安いほど、デメリットに出会う確率が多いと思ってよいでしょう。

ここでは安宿のメリットと共に、安さゆえのデメリットを紹介します。


■安宿のメリット

まずは簡単にメリットを紹介します。

①安い

当然と言えば当然ですが、安宿の最大のメリットは料金が安いことです。 宿代は1日の中で最も出費が多く、しかも毎日コンスタントにかかるものです。 逆に宿代を抑えれば、全体の費用を大きく減らすことができます。 このメリットだけで、他のデメリットを帳消しにするくらいと言っても過言ではありません。


②旅行者同士のコミュニケーションが多い

旅行者同士の交流はバックパック旅行の醍醐味です。 文化交流や旅先の情報交換など、通常のホテルでは味わえないような有意義な時間を過ごすことができるでしょう。 うまくいけば友達になってツアーに一緒に参加したり、帰国後も連絡を取り合ったりすることもあります。


■安宿のデメリット

次にデメリットです。

①遠い

安宿は町の中心部から離れてることがよくあります。 町の中心から遠いと、バスを使わなければいけなかったり、重いバックパックを背負ってかなりの距離を歩かなければいけなかったりと、いろいろ面倒くさかったりします。 また、わざわざ時間をかけて行ったにもかかわらず満室だったりすると、別の宿を探さなければいけません。 時間と体力を使うわけです。

仮に町の中心部に安宿があったとしても、多くのバックパッカーがそこを目当てにくるので、混雑してることが多いです。 人気があるので満室で断られることも多々あります。

②セキュリティ面の不安

安宿はセキュリティ面で不安があります。 部屋に鍵がないことも多々あり、盗難に会う確率が通常の宿より高いです。 特にドミトリーは相部屋なので、貴重品の管理はしっかりしておく必要があります。 また質の悪い旅行者(薬物使用者など)もいたりするので関わらないようにしましょう。

③ネットで予約ができない

安宿はインターネットで予約ができないことがあります。 エアトリ(旧 DeNAトラベル)やエクスペディアなど の予約サイトに表示される安宿は安宿の中でも比較的料金が高く、そこそこ質のよい宿です。 インターネットが普及してない地域や超安宿などは予約サイトと提携してないことがほとんどです。

予約サイトと提携してなくてもホームページが存在する場合は、お問い合わせフォームなどから予約できることもありますが、英語でメールのやりとりをしなければいけません。 もしくは直接電話しますが難易度はさらにあがります。

宿を予約しない場合のデメリットは、宿を探す時間をとられてしまうのと、安宿が満室の場合に結局高くついてしまうことです。 バックパッカーは宿を予約しないと思われがちですが、ノートパソコンで次の目的地の宿を予約しながら旅する人も結構いるのです。

④衛生面の問題

衛生面は特にベッドに問題があることが多いです。 ベッドが汚れていたり、ダニがいたりすることがあります。咬まれると痒くてたまりません。 私は一度蟻だらけの部屋に泊まったことがあります。ベッドにまで蟻がのぼってきて、咬まれることはなかったですが、なんとなく落ち着きませんでした。

⑤周辺の治安が悪い

あまりにも安い宿だと周辺の治安が悪いことがあります。 スラムには絶対近づかないようにしましょう。

⑥支払いは現金が基本

ほとんどの安宿はクレジットカードが使えません。 現金をあまり持ちたくない人には不便かもしれません。


以上が安宿のメリット・デメリットです。 デメリットは宿の料金が安ければ安いほど、当てはまる確率が高くなります。 安宿を探すときはこれらのデメリットがあることを承知の上で探してください。 ただ宿探しは宿探しで楽しいですし、バックパック旅行の醍醐味の1つでもあるので、これらのデメリットをデメリットと考えず、 むしろ楽しんでしまうくらいの気持ちがあるといいですね。


Prev : ユースホステルはどんなとこ? - Next : 宿のルールを確認する

●安宿のメリット・デメリット



海外旅行術 - 記事一覧
■準備
持ち物リストとオススメグッズ
日本で揃えておきたい旅行グッズ
ノートパソコンを持っていく
ガイドブックを選ぶ
バックパックの選び方
バックパックの選び方 part2 - 登山用と旅行用の違い
おすすめサブバッグ(リュック型)
バックパック旅行に寝袋は必要か?
パスポートの取り方
ビザ・ESTAの取り方
ブラジルビザの取得
海外航空券の種類
海外航空券の探し方
海外航空券はいつ買うと安いのか?
観光地情報を調べる
荷物をコンパクトにする方法
海外旅行保険は入っておく
パスポートのコピーをとる
初日の宿はとっておく
バックパッカーに適した服装は?
国際免許の取り方
不在中の郵便物の扱い
公共料金は口座引き落としかクレジット払いにする
変換プラグと変圧器について
100円ショップで旅行用品を探す
余計なものは置いていこう
電気・戸締りの確認
黄熱病予防接種とマラリア予防薬について
緊急連絡先を控えておく
旅のルートと日程の決め方
■宿
宿の種類
宿を探す
宿選びのポイントとよくある不満
ドミトリーの泊まり方
ユースホステルはどんなとこ?
安宿のメリット・デメリット
宿のルールを確認する
Wi-Fiの接続方法
チェックアウト後に荷物を預ける
■移動
バス・飛行機のチケットを確保する
バスの乗り方(長距離、ローカル)
飛行機の乗り方
ノートパソコンとリチウム電池の扱い(飛行機の荷物)
タクシーの乗り方
地下鉄の乗り方
飛行機の乗り継ぎの仕方
飛行機の乗り継ぎに失敗したら
空路での入国審査と税関
空港・バスターミナルに深夜着いたらどうする?
バス・飛行機の座席の位置はどこがよいか?
リコンファームは必要か?
国境の越え方(陸路)
入出国カードの書き方
ロストバゲージの原因と対策
天気予報によってルートを変える
■食事
レストランで食事をする
屋台が安い
アイスを食べよう
コンチネンタルブレックファストとは
■セキュリティ
現金・クレジットカード・国際キャッシュカード・T/C
貴重品(パスポート・お金)の持ち方
お金はいくら持っていくか?
ATMで気をつけること
バッグの持ち方
襲われない歩き方
ミサンガ詐欺に注意
警官の汚職
首絞め強盗と睡眠強盗に注意
置き引きに注意
麻薬について
海外で事件・事故に遭わないための安全対策
■町歩き
ショルダーバッグが便利
インフォメーションを利用しよう
町でガイドブックを見るとき
雨の日の対処方法
スーパーへ行こう
写真の撮り方・撮られ方
小銭を用意しよう
日曜、月曜は休みが多い
教会で休憩しよう
タバコ持ってるか?
値段交渉の仕方
道に迷ったら
外国のトイレは汚い・少ない・有料
混雑する観光スポットは早朝に訪れる
■その他
町に着いて最初にやること
現地ツアーを利用しよう
洗濯の仕方
両替の仕方
為替レートの見方
海外ATMの使用方法
時差とサマータイムに気をつけよう
トイレのタイミングが大事
時間のつぶし方
他人のお土産は最後の町で買おう
一人旅か二人旅かそれ以上か
現地の言葉を覚える
バックパックの中身はきれいに入れておこう
国や町のことを知る
パスポートに押す記念スタンプについて
日記を書こう
マイルを貯めよう
外国人の友達を作ろう
ハプニングやトラブルを楽しもう
英語で住所の書き方
チップの相場と払い方
沈没とは
ときにはフリープランツアーが便利
高山病の症状と対策
自分のスタイルを確立する



■ピックアップ記事
バックパックの選び方
バックパックのブランド一覧
持ち物リストとオススメグッズ
海外格安航空券・ホテル予約サイト比較
 ■旅の本

高橋歩さんの本

 

 

 

 


吉田友和さんの本

 

 

 


その他の旅行本