バックパック

バックパッカー初心者のための海外旅行術

はじめてバックパックを背負っての海外旅行は不安だらけだと思います。
宿の探し方、貴重品の持ち方、移動の仕方、国境の越え方、ATMの使い方などバックパッカーは実際どうやって旅をしてるの?
などの疑問をもつ方のために、役に立つバックパッカー旅行術を紹介します。バックパッカー情報の他に観光情報や旅の写真なども公開しています。


 
■海外旅行術

■セキュリティ

海外で事件・事故に遭わないための安全対策


■盗難・紛失 ■強盗 ■交通事故 ■その他の事故 ■犯罪 ■病気

何度も海外旅行をしていれば、何かしらのトラブルに遭います。 特にパッケージツアーでなくバックパッカーのような旅のスタイルですと、その確率は多くなることでしょう。 治安の悪い地域へ行くこともあると思うのでなおさらです。

ときどき海外で日本人が事件や事故に巻き込まれたというニュースを見ます。 事件や事故に遭わないためには、安全対策をしておくこと、セキュリティに対する知識をもっておくことが大事です。 全てのトラブルを避けれるわけではありませんが、確率は減ります。

以下にどのようなトラブルがあるのか、どのようにトラブルを避けるかをまとめてみました。

■盗難・紛失

盗難・紛失は海外旅行で最も遭いやすいトラブルです。

盗難で多いのは財布、デジカメ、コート、ジャケット、スマホ、タブレット、ノートパソコン、小さなバッグなどです。 小さくて価値のあるものが取られやすいかと思います。 バックパックごと取られたという話はあまり聞きませんが、ショルダーバッグなど小さな鞄は要注意です。

   

盗難対策としては、常に身の回りのものから目を離さないことが大切です。 特にレストランでテーブルの上に財布やスマホなどを置きっぱなしにしないことです。 仮に置いておく場合、可能な限りストラップや紐などで手に括り付けておきましょう。これは忘れ物対策にもなります。 ショルダーバッグはタスキ掛けにして、膝の上に置いてておくと安心です。空港、駅、バスターミナルでは置き引きにも注意です。

あとはお酒を飲み過ぎで潰れてしまわないようにしましょう。 日本でも一緒ですが、スリの標的になりますし、所持品の紛失にもつながります。

宿では、鍵付きのロッカーを利用しましょう。 ロッカーがなければバックパックのファスナーに南京錠つけたり、バックパックをベッドに括り付けておくなどしておくとよいでしょう。 トイレ、シャワー、共有ルームなどに行く際、たとえ一時的に離れるだけであってもベッドに貴重品を放置してはいけません。 電車やバスでトイレに行く際も同様です。さすがにトイレに行くたびにバックパックは持っていけないですが、サブバッグは一緒に持っていくようにしてください。 離席中に座席が取られてしまうのを心配するのであれば、ペットボトルなど取られていいものを置いておくとよいと思います。

貴重品は、体から離れないようにしておくことが一番の予防になるかと思います。 財布であればチェーンでズボンなどに括り付けておく、クレジットカードやパスポートはマネーベルトなどに入れておくなどです。 スリ対策にもなります。最近はセキュリティグッズが充実しているので、旅行グッズ売り場でいろいろ探してみるといいでしょう。 なお高額な現金は持たず、なるべくキャッシングやクレジットカードを利用すると安心です。

 

宿やレストランを出るとき、飛行機・電車・バスを降りるときは必ず忘れ物がないかチェックしましょう。 スマホなど小さなものは忘れやすいので要注意です。私は一度帽子を忘れたことがあります。

バッグを背中に背負っていると、スリなどに狙われます。 手が込んでいると、知らぬ間にナイフなどで切られていたりします。 大きなバックパックは背中に背負うしかありませんが、サブバッグやショルダーバッグは前に抱えるようにしましょう。 地下鉄など混雑しているところでは、背中を壁につけて狙われないようにしておくとよいです。

なお、普通はしないと思いますが、バッグだけ置いてその場を離れるようなことはやめましょう。 テロと勘違いされる可能性があります。

■強盗

盗難ほどではありませんが、強盗もときどき耳にするトラブルの1つです。 強盗は身体的な被害をこうむることがあります。ときには命を落とすこともあります。

まず強盗に遭わないようにするためには、周りに注意をすることです。 特に背後を注意しましょう。後ろから突然ひったくられることがあります。 町中で地図やスマホ、ガイドブックをみるときは壁などを背にして見ます。

また人気(ひとけ)の少ない場所に1人で行くのは避けましょう。 そのような場所は観光客が行くところではないため、警備も手薄になっています。 早朝や夜中も人が少なくなるため、あまり出歩かないようにした方が無難です。夜だけでなく早朝の被害も多いです。 どうしても外出する必要がある場合は、タクシーの利用を検討しましょう。

南米では首絞め強盗があります。 突然首をしめて失神させ、その間にバッグなどを奪うというものです。 これも背後に注意です。 現地でよく事件が発生する場所というのはあるので、宿の人などに聞いておくとよいでしょう。

ケチャップ強盗は、気づかれないようにケチャップをジャケットなどにかけ、親切にふき取るようなことをして、その間に財布などを抜き取るという手口です。 強盗というよりスリに近いですね。ケチャップではなく、アイスクリームなどの場合もあります。 ジャケットやバッグなどが汚れてて、親切そうに近寄ってくる人がいたら、すぐその場を離れましょう。

なお強盗にあっても、犯人を追ってはいけません。 反撃をくらう可能性があるからです。その反撃も銃やナイフで傷つけようとするような手荒な方法です。 すぐ取り戻したい気持ちはわかりますが、命を落としては元も子もありません。

睡眠強盗もあります。 これも親切心を利用した手口です。 何か食べ物をくれたりして、それを食べたら眠ってしまい、その間にものを取られるという被害です。食べ物に睡眠薬が入ってるわけです。 よく知らない人からもらったものは、あまり口にするのはやめましょう。 と言いたいところですが、海外では本当に親切心から食べ物を分けてくれることがよくあります。 ですので、人となりで判断するといいでしょう。(家族連れのお母さんがくれた食べ物はもらうなど)

現地の人が偶然を装って近づいてきて、一日親切に案内してくれた最後に、飲み物に睡眠薬をまぜて、全て持っていってしまうという手口もあります。 親切心は見極めるのが難しいですが、あきらかに不自然だったり、馴れ馴れしかったりする場合は、警戒してください。

■交通事故

海外でタクシーやバスに乗ると運転が荒いときがあります。 特に発展途上国では道路が舗装されていないため、車体の揺れが激しく、時には横転なんてこともよくあります。 交通ルールもそれほど厳しくないのか、スピードを出し過ぎたり、こんなボロボロで走るのかなんて車もあります。

交通事故は自分が運転しているわけではないため、どうしようもないですが、 対策としてはシートベルトをしっかりすること、あまり安すぎるバスは利用しないなどがあります。

また交通事故は乗ってるときだけに起きるわけではありません。 道を歩いているときにも事故に遭う危険性があります。 アジア圏では車やバイクの交通量が特に多い道路があります。 現地の人は信号がないところで、すり抜けるように道を渡ったりしますが、近くに信号がある場合は、そこで横断するようにしましょう。 もし信号がなく、仕方なく横断する場合は、現地の人と合わせて歩くのがいいと思います。

次に飛行機事故の場合ですが、これはもう対策はありません。 シートベルトは当然ですが、前傾姿勢をするなど客室乗務員の指示に従うということしかできませんね。 飛行機の座席に関しては、墜落の場合は非常口の近くや機体後方が生存率が高いという説もあるようですが、事故の種類にもよりますし、確かなことは言えません。

墜落のニュースを見ると発展途上国の国内フライト(特に小型機)でよく墜落している気もします。 あまりにも安い航空会社は安全対策もずさんな可能性がありますので、心配であれば避けた方がいいでしょう。

■その他の事故

その他の事故として、山や海での遭難事故があります。 海外で登山をする人は、もともと日本で登山の経験値が高い人かと思いますが、年に何回かは海外の山で遭難死したニュースを見ます。 バックパッカーはあえて危険な場所に行くの好む方もいるかもしれませんが、山に登る際は万全の装備でのぞむことが大事です。

 

海での事故も多いです リゾート地で溺れて亡くなった人のニュースをよく見ます。 天候が悪い場合、潮の流れが激しい場合、サメの目撃情報がある場合などは海に入るのは控えましょう。

その他、気球の落下事故などアクティビティでの事故もあります。 これも飛行機事故と一緒で防ぎようがありませんが、なるべく信頼のおける会社を選ぶようにしましょう。 インターネットで調べると結構過去の事故の話がでてきたりします。

海外では日本で絶対許可されないであろう危険なアクティビティもあります。 これはもう自己責任というしかありません。

■犯罪

海外では犯罪にも注意が必要です。 盗難と強盗は前に触れましたが、それ以外に詐欺、ニセ警官、汚職警官、麻薬、誘拐、強姦、テロなどがあります。

詐欺にはミサンガを勝手に括り付けてお金を払わせるミサンガ詐欺や、怪しいお土産屋に連れてかされて、たいした価値もないのに高額で商品を買わされるぼったくりなどがあります。 ミサンガ詐欺は無視しておけばいいでしょう。 ぼったくりですが、たまに道端で知らない人からいい店知ってるから来ないか?と声をかけられることがあります。 これは絶対ついていかないことです。ぼったくられるか、別の犯罪に巻き込まれる可能性が高いです。 レストランのぼったくりはなかなか避けづらいですが、心配なら事前調査しておくとよいでしょう。

タクシーのぼったくりもよくあるトラブルです。流しのタクシーは使わないようにしましょう。 乗車したらメータが動いてるかチェックしましょう。また事前にホテルの人などに料金の相場を確認して、乗る際にもドライバーにだいたいの料金を確認しておくと安心です。

ATMでのスキミングも詐欺の1つと言えます。ATMはなるべく銀行内にあるATMを使いましょう。 町中にある怪しいATMは細工されている可能性があります。

次にニセ警官、汚職警官です。 ニセ警官は所持品検査するふりをして金品を抜き取るスリに近い犯罪です。 汚職警官は所持品検査して、あからさまに金品を要求することが多いです。 両方とも断りづらいですが、なるべく現金は高額を持ち歩かないことが対策となります。 貴重品はなるべく隠しておき、金品を要求されたときのためにダミーの財布を用意しておくと被害が少なくてすむかもしれません。

麻薬は被害にあうというより、自分が犯罪者になってしまいます。 南米や東南アジアなどでは麻薬がはびこっており、現地人や若いバックパッカーが麻薬を吸っているのを見かけることがあります。 仮に誘われたとしてもきっぱり断りましょう。 私もバスの後部座席で麻薬を吸っている人を見たことがあります。 (バスは後方より前方の座席が安全です)

次に凶悪犯罪です。殺人事件に結び付くケースもあります。 まずは誘拐です。 治安の悪い地域では、外国人観光客が誘拐される事件が発生しています。 高額で取引されるそうなので、外国人が狙われやすいそうです。

日本でも一時期話題になった特急誘拐、短時間誘拐というものもあります。 流しのタクシーに乗ったあと、犯罪集団に襲われて所持品を奪われたり、拉致されてATMで強制的に現金を引き出されたりするものです。 短時間で済ませるので特急誘拐、短時間誘拐とよばれています。 これはタクシードライバーと実行犯がグルになっている可能性が高いです。 タクシーに乗るときは流しのタクシーではなく、正規のタクシーに乗るようにしましょう。 レストランやホテルで頼めばタクシーを呼んでくれます。

女性は強姦にも気を付けなければいけません。 インドで外国人旅行者が被害にあったというニュースをよく見ます。 インド以外でも日本人が巻き込まれて殺害されてしまうというニュースもたまに見かけます。 気を付けなければいけないのは、知らない人に声をかけられても絶対ついていかないことです。特に一人の場合は非常に危険です。 偶然を装って近づき、最初は親切にして安心させます。 そのあと、食事をごちそうするなどと言って自宅に連れ込んだり、人のいないところに連れていき強姦するという手口です。 睡眠薬を利用する場合もあります。

最後にテロです。 テロは今の時代どこで起きてもおかしくありません。 遭遇する確率は低いものの、避ける手段がないのが実情です。 ただテロの起きやすい国・地域はあります。 せめて外務省の海外安全ホームページを見て、滞在先の状況などを定期的に把握しておくようにしましょう。 テロでなくてもデモや内戦に巻き込まれてしまうケースもあります。 そもそもそのような危険な地域へ行かないことも検討してください。

■病気

海外では病気にも気を付けなければいけません。 一番多いのは食あたりです。 海外では日本ほど衛生に気を使っていないため、生フルーツや生野菜などで食あたりになることがあります。 とはいえ市場でおいしそうなフルーツを見つけて、食べたくなることもあるので、その辺は覚悟が必要です。 不衛生な屋台なども注意です。

発展途上国ではマラリア、黄熱病、ジカ熱、エボラなど伝染病などにも注意が必要です。 予防接種ができる場合は、日本でしておきましょう。 マラリアにも予防薬がありますので、処方するようにしましょう。 マラリアで亡くなった旅行者もいます。


Prev : 麻薬について - Next : ショルダーバッグが便利

●海外で事件・事故に遭わないための安全対策



海外旅行術 - 記事一覧
■準備
持ち物リストとオススメグッズ
日本で揃えておきたい旅行グッズ
ノートパソコンを持っていく
ガイドブックを選ぶ
バックパックの選び方
バックパックの選び方 part2 - 登山用と旅行用の違い
おすすめサブバッグ(リュック型)
バックパック旅行に寝袋は必要か?
パスポートの取り方
ビザ・ESTAの取り方
ブラジルビザの取得
海外航空券の種類
海外航空券の探し方
海外航空券はいつ買うと安いのか?
観光地情報を調べる
荷物をコンパクトにする方法
海外旅行保険は入っておく
パスポートのコピーをとる
初日の宿はとっておく
バックパッカーに適した服装は?
国際免許の取り方
不在中の郵便物の扱い
公共料金は口座引き落としかクレジット払いにする
変換プラグと変圧器について
100円ショップで旅行用品を探す
余計なものは置いていこう
電気・戸締りの確認
黄熱病予防接種とマラリア予防薬について
緊急連絡先を控えておく
旅のルートと日程の決め方
■宿
宿の種類
宿を探す
宿選びのポイントとよくある不満
ドミトリーの泊まり方
ユースホステルはどんなとこ?
安宿のメリット・デメリット
宿のルールを確認する
Wi-Fiの接続方法
チェックアウト後に荷物を預ける
■移動
バス・飛行機のチケットを確保する
バスの乗り方(長距離、ローカル)
飛行機の乗り方
ノートパソコンとリチウム電池の扱い(飛行機の荷物)
タクシーの乗り方
地下鉄の乗り方
飛行機の乗り継ぎの仕方
飛行機の乗り継ぎに失敗したら
空路での入国審査と税関
空港・バスターミナルに深夜着いたらどうする?
バス・飛行機の座席の位置はどこがよいか?
リコンファームは必要か?
国境の越え方(陸路)
入出国カードの書き方
ロストバゲージの原因と対策
天気予報によってルートを変える
■食事
レストランで食事をする
屋台が安い
アイスを食べよう
コンチネンタルブレックファストとは
■セキュリティ
現金・クレジットカード・国際キャッシュカード・T/C
貴重品(パスポート・お金)の持ち方
お金はいくら持っていくか?
ATMで気をつけること
バッグの持ち方
襲われない歩き方
ミサンガ詐欺に注意
警官の汚職
首絞め強盗と睡眠強盗に注意
置き引きに注意
麻薬について
海外で事件・事故に遭わないための安全対策
■町歩き
ショルダーバッグが便利
インフォメーションを利用しよう
町でガイドブックを見るとき
雨の日の対処方法
スーパーへ行こう
写真の撮り方・撮られ方
小銭を用意しよう
日曜、月曜は休みが多い
教会で休憩しよう
タバコ持ってるか?
値段交渉の仕方
道に迷ったら
外国のトイレは汚い・少ない・有料
混雑する観光スポットは早朝に訪れる
■その他
町に着いて最初にやること
現地ツアーを利用しよう
洗濯の仕方
両替の仕方
為替レートの見方
海外ATMの使用方法
時差とサマータイムに気をつけよう
トイレのタイミングが大事
時間のつぶし方
他人のお土産は最後の町で買おう
一人旅か二人旅かそれ以上か
現地の言葉を覚える
バックパックの中身はきれいに入れておこう
国や町のことを知る
パスポートに押す記念スタンプについて
日記を書こう
マイルを貯めよう
外国人の友達を作ろう
ハプニングやトラブルを楽しもう
英語で住所の書き方
チップの相場と払い方
沈没とは
ときにはフリープランツアーが便利
高山病の症状と対策
自分のスタイルを確立する



■ピックアップ記事
バックパックの選び方
バックパックのブランド一覧
持ち物リストとオススメグッズ
海外格安航空券・ホテル予約サイト比較
 ■旅の本

高橋歩さんの本

 

 

 

 


吉田友和さんの本

 

 

 


その他の旅行本