バックパック

バックパッカー初心者のための海外旅行術

はじめてバックパックを背負っての海外旅行は不安だらけだと思います。
宿の探し方、貴重品の持ち方、移動の仕方、国境の越え方、ATMの使い方などバックパッカーは実際どうやって旅をしてるの?
などの疑問をもつ方のために、役に立つバックパッカー旅行術を紹介します。バックパッカー情報の他に観光情報や旅の写真なども公開しています。


 
■海外旅行術

■宿

宿を探す


■宿の探し方 ■満室だったら ■現地到着時間を考える ■土日は混雑 ■ブザーを押して中へ入る ■ホテルとホステルの違い ■連泊する場合 ■パスポートを預ける

バックパッカーの多くは出発前に全ての宿を予約しておくことはしません。 旅が予定通りに進むとは限らないし、日本から予約できる安宿も限られていますので、たいていは現地で探すことになります。

はじめてのバックパック旅行だと、現地での宿の確保が不安かと思いますが、探し方はいろいろあるので、宿が確保できないなんてことはほぼありません。 慣れてくれば宿探しも楽しくなります。

■宿の探し方

宿の探し方はいくつかあります。

①ガイドブックから探す

たいていはガイドブックから探すことになるかと思います。 目当ての宿を決めたら、直接行って交渉します。 地球の歩き方は安宿があまり載っていないこともあります。

②歩いて探す

ガイドブックに泊まりたい宿がないときや目当ての宿が満室のときは歩いて探します。 地域によっては宿が集中していることがあるので、安宿街へ行けば容易に見つかるでしょう。 1人で探すのが心細いのであれば、バスターミナルなどに着いた際、バックパックを背負った旅行者を見つけ、一緒に探すという手もあります。

③旅先で知り合った人に聞く

この方法は、その町に着いてから探すというより、前の町に滞在しているうちに次の町の宿情報を集めておくものです。

旅をしていれば、自分とは逆ルートで旅をしている人と必ず出会います。 その人たちにどんな宿に泊まったかを聞いてみましょう。日本人でない方が安い宿を知っていることが多いです。 外国人の方が料金にこだわってる人が多い気がします。 また同じルートの旅行者にもどんな宿に泊まるつもりか聞いてみましょう。 うまくいけば一緒に連れていってくれるかもしれません。 日本人宿には情報ノートというものもあるので、それを利用する手もあります。

④客引きについていく

バスターミナルに着いたりすると、客引きしている人がいます。 その人たちと交渉します。 客引きというと邪魔くさくて怪しいというイメージがありますが、夜中に着いたときなどは有難い存在です。

⑤インターネットで探す

前の町にいる間にインターネットで探しておきましょう。

ノートパソコンを持ってる方は、予約サイトなどから予約しておくとよいと思います。 直接宿に行くより、予約サイトを通した方が安い場合がありますし、満室状況を確認できるのが大きなメリットです。 オススメは、

エアトリ(旧 DeNAトラベル)
エクスペディア(expedia)
Hotels.com(expedia傘下のようです)
ホステルワールド(hostelworld)

などです。 私はエクスペディアやホステルワールドを特によく使います。 それ以外にも予約サイトはたくさんありますので、探してみてください。

但し、予約サイトからの予約にはクレジットカードを必要とする場合がほとんどです。 また予約は24時間前までなどの制限がある場合があるので、なるべく早く予約すると良いでしょう。 支払いはカード払いか宿到着時に支払いの場合があります。 予約内容は印刷できない状況がほとんどだと思いますので、できればパソコンにキャプチャーして保存おきましょう。

⑥インフォメーションで聞く

町の宿情報がない場合は、インフォメーション(観光案内所)で聞くという方法もあります。 インフォメーションはたいていの町にあり、ビックリマーク「!」の看板があることが多いです。 希望の値段などを言うと予約までしてくれるところもあります。

⑦タクシーの運転手に聞く

駅やバスターミナルや町の中心部から離れていることが多く、町に着いたときタクシーを使うこともあると思います。 そのとき、タクシーの運転手に安宿を聞くという手もあります。 タクシーの運転手は町に詳しく、安宿情報も持っていたりしますので、そのまま連れてってもらいましょう。


以上のように、宿の探し方はたくさんありますが、私のオススメは⑤のインターネットで予約しておくことです。

お祭りなど特別なイベントがない限り、宿は現地に着いてから探すことができますが、 現地で探すと安宿が見つからなかったり、満室だったり、宿が見つかったとしても町から離れていたりすることがあります。 また探すのにも時間がかかってしまいます。重いバックパックを背負って探すのは大変ですし、治安の面でも不安です。

インターネットで探せば、地図も事前に確認できますし、トリップアドバイザーなどで口コミ・レビューも見ることができます。

■満室だったら

宿についてもう少しお話しましょう。

まず宿が満室の場合です。宿が満室で断られることはよくありますが、決してあせらず次の宿を探しましょう。 気持ち的にすぐに見つからないくらいの心構えでいると精神的に楽です。

宿の情報がない場合は、断られた宿の人に紹介してもらう手もあります。旅行代理店などで聞くのもいいでしょう。 宿は集中してる場合が多いので、歩いていればすぐ近くに見つかると思います。 最悪のケースとして宿が見つからなかった場合は空港やバスターミナル、駅などで一晩しのぐという手もありますが、その場合は荷物を盗られないよう気をつけてください。

また朝などは宿の出入りが激しいので、フロントが混雑する場合があります。 そんな場合は午後の暇な時間帯に行くと空いてますが、あまり遅い時間に行くと、既に部屋がなくなってしまうかもしれないデメリットもあります。

満室やフロントに誰もいないなどの事態を考慮して、宿候補は1つだけでなく、2つ以上検討しておくことをお薦めします。

■現地到着時間を考える

宿が決まっていない場合は、現地に到着する時間を考えて移動しましょう。 なるべく夜に到着は避けたほうがよいです。治安の面で不安がありますし、夜中はフロントが閉まってる場合もあります。 長距離の場合は、夜行バスなどで移動し、朝現地に着いてから宿探しをはじめるのがベストだと思います。 但し、あまり早朝ですと町に人がいなく、治安が悪いことがあるので、気をつけましょう。朝襲われたという話もよく聞きます。

■土日は混雑

町によっては土日が混雑する場合があります。 外国の旅行者だけでなく現地の人たちも休日の土日に旅行するので、土日に町に滞在する場合は事前に予約しておくことをお薦めします。

■ブザーを押して中へ入る

外国の宿はセキュリティ上、扉に鍵が掛かってることがよくあります。 たいていは扉の横にブザーがあるので、押して扉を空けてもらいましょう。 扉の鍵は自動式が多いので、空けてくれた場合は「カチャ」という音がしますので、そのまま自分で空けて入りましょう。 誰も空けてくれませんので、扉の前で待っていても無駄です。

■ホテルとホステルの違い

ホテル(Hotel)とホステル(Hostel)の違いを知っておきましょう。

両者の間に明確な定義はなく、地域によっても異なりますが、ホステルは相部屋(ドミトリー)の安宿のことをさす場合が多いです。 ユースホステルもその名のとおりホステルの1つです。 ホテルはホステルに比べて値段が高めで、シングルルームやダブルルームなどが多いです。

日本ではホテルと言えばホステルなどの安宿も含むことが多いですが、両者を区別する地域もあるので注意しましょう。 特に宿を探すときに「ホテルを探してる」などと言うと高めの宿を案内されてしまうことがありますので、 「ホステルを探してる」と言いましょう。

■連泊する場合

宿に連泊する場合は、1泊当りの料金を割り引きしてくれるところもありますので、交渉してみましょう。 連泊は、とりあえず1泊して様子を見てから決めるという手もあります。まずは1泊して、気に入ったらフロントにいって延泊したい旨を伝えましょう。

 「I'd like to extend my stay.」
 「Can I extend my stay?」

などと言えば通じると思います。

また忘れずに朝食がついてるかも聞きましょう。たまに朝食付きなのに教えてくれない人がいます。

■パスポートを預ける

ごくまれにパスポートを宿に預けるところがあります。 その場合は宿の人に従いパスポートを預けましょう。 外出する際は、念のためパスポートのコピーを持参してくだい。


Prev : 宿の種類 - Next : 宿選びのポイントとよくある不満

●宿を探す



海外旅行術 - 記事一覧
■準備
持ち物リストとオススメグッズ
日本で揃えておきたい旅行グッズ
ノートパソコンを持っていく
ガイドブックを選ぶ
バックパックの選び方
バックパックの選び方 part2 - 登山用と旅行用の違い
おすすめサブバッグ(リュック型)
バックパック旅行に寝袋は必要か?
パスポートの取り方
ビザ・ESTAの取り方
ブラジルビザの取得
海外航空券の種類
海外航空券の探し方
海外航空券はいつ買うと安いのか?
観光地情報を調べる
荷物をコンパクトにする方法
海外旅行保険は入っておく
パスポートのコピーをとる
初日の宿はとっておく
バックパッカーに適した服装は?
国際免許の取り方
不在中の郵便物の扱い
公共料金は口座引き落としかクレジット払いにする
変換プラグと変圧器について
100円ショップで旅行用品を探す
余計なものは置いていこう
電気・戸締りの確認
黄熱病予防接種とマラリア予防薬について
緊急連絡先を控えておく
旅のルートと日程の決め方
■宿
宿の種類
宿を探す
宿選びのポイントとよくある不満
ドミトリーの泊まり方
ユースホステルはどんなとこ?
安宿のメリット・デメリット
宿のルールを確認する
Wi-Fiの接続方法
チェックアウト後に荷物を預ける
■移動
バス・飛行機のチケットを確保する
バスの乗り方(長距離、ローカル)
飛行機の乗り方
ノートパソコンとリチウム電池の扱い(飛行機の荷物)
タクシーの乗り方
地下鉄の乗り方
飛行機の乗り継ぎの仕方
飛行機の乗り継ぎに失敗したら
空路での入国審査と税関
空港・バスターミナルに深夜着いたらどうする?
バス・飛行機の座席の位置はどこがよいか?
リコンファームは必要か?
国境の越え方(陸路)
入出国カードの書き方
ロストバゲージの原因と対策
天気予報によってルートを変える
■食事
レストランで食事をする
屋台が安い
アイスを食べよう
コンチネンタルブレックファストとは
■セキュリティ
現金・クレジットカード・国際キャッシュカード・T/C
貴重品(パスポート・お金)の持ち方
お金はいくら持っていくか?
ATMで気をつけること
バッグの持ち方
襲われない歩き方
ミサンガ詐欺に注意
警官の汚職
首絞め強盗と睡眠強盗に注意
置き引きに注意
麻薬について
海外で事件・事故に遭わないための安全対策
■町歩き
ショルダーバッグが便利
インフォメーションを利用しよう
町でガイドブックを見るとき
雨の日の対処方法
スーパーへ行こう
写真の撮り方・撮られ方
小銭を用意しよう
日曜、月曜は休みが多い
教会で休憩しよう
タバコ持ってるか?
値段交渉の仕方
道に迷ったら
外国のトイレは汚い・少ない・有料
混雑する観光スポットは早朝に訪れる
■その他
町に着いて最初にやること
現地ツアーを利用しよう
洗濯の仕方
両替の仕方
為替レートの見方
海外ATMの使用方法
時差とサマータイムに気をつけよう
トイレのタイミングが大事
時間のつぶし方
他人のお土産は最後の町で買おう
一人旅か二人旅かそれ以上か
現地の言葉を覚える
バックパックの中身はきれいに入れておこう
国や町のことを知る
パスポートに押す記念スタンプについて
日記を書こう
マイルを貯めよう
外国人の友達を作ろう
ハプニングやトラブルを楽しもう
英語で住所の書き方
チップの相場と払い方
沈没とは
ときにはフリープランツアーが便利
高山病の症状と対策
自分のスタイルを確立する



■ピックアップ記事
バックパックの選び方
バックパックのブランド一覧
持ち物リストとオススメグッズ
海外格安航空券・ホテル予約サイト比較
 ■旅の本

高橋歩さんの本

 

 

 

 


吉田友和さんの本

 

 

 


その他の旅行本