バックパック

バックパッカー初心者のための海外旅行術

はじめてバックパックを背負っての海外旅行は不安だらけだと思います。
宿の探し方、貴重品の持ち方、移動の仕方、国境の越え方、ATMの使い方などバックパッカーは実際どうやって旅をしてるの?
などの疑問をもつ方のために、役に立つバックパッカー旅行術を紹介します。バックパッカー情報の他に観光情報や旅の写真なども公開しています。


 
■海外旅行術

■町歩き

写真の撮り方・撮られ方


■写真を撮るときは明るめに ■夜の撮影の仕方 ■写真は観光客に撮ってもらう

■写真を撮るときは明るめに

きれいな写真を撮りたいというのも海外旅行の楽しみの1つだと思います。

きれいに写真を撮るテクニックはいろいろありますが、 1点だけ注意しておきたいことがあります。 それは明るさです。露出ともいいます。 デジカメで写真を撮る際は、この露出を若干明るめにしてください。

デジカメは撮った写真をその場で確認することができますが、きれいに撮れたと思ってもパソコンに取り込むと少し暗くなったっていることがあります。 デジカメのモニターでみると明るいのに実際は少し暗くなるのです。 せっかくきれいに撮れたと思っても、帰国後にパソコンで撮ったらいまいちなんてことになりかねません。 デジカメのモニターは実際よりきれいに撮れてるように見えるのです。

もしオートのデジカメでしたらマニュアルに切り替えて自分で明るさが調整できるか調べて見てください(特に絞りの調整)。 大事な場面では保険として、露出を変えて何パターンか撮っておきましょう。 デジカメのオート機能は、明るい場所で勝手に露出を暗めにしてしまう機能があります。

特にボリビアのウユニ塩湖など真っ白なところでは暗めに写ってしまいますので、注意してください。 インターネットで暗めの写真のウユニ塩湖をよくみかけます。 下の写真はオートで暗くなってしまったもの(上)とマニュアルで明るめに撮ったもの(下)です。




デジカメは、オートだけでなく自分で露出を変更できる機能を持っていくのが理想ですが、 露出はマニュアルで変更できないものもあります。 私はリコーのGX100を使っていましたが、絞りを変更できるので大変便利でした。 最新のデジカメ事情は詳しくないですが、最近は絞りを変更できるコンパクトデジカメも発売されてるかもしれません。

  RICOH デジタルカメラ GX200 VFキット GX200 VF KIT
  

もっと撮影について詳しく知りたいという方は、1冊本を買って読んでみるのもいいかもしれません。 私は以下の本を購入しましたが、いろいろ勉強になりました(デジカメ用です)。おすすめの本です。

  

■夜の撮影の仕方

夜間の撮影で一番気をつけなければいけないのはカメラを固定することです。 近距離の場合はフラッシュを使えばよいですが、フラッシュが届かないような遠くの被写体を撮影する場合は、シャッタースピードを遅くする必要があります。 たまにフラッシュが届かないような場所にも関わらず、フラッシュを使っている観光客を見かけますが、意味がありません。 おそらく夜はフラッシュを使うものだと思い込んでいるのでしょう。

シャッタースピードを遅くすればするほど、シャッターが開いてる時間が多いので、そのぶん光を多く取り入れます。結果、写真の明るさが増します。 デメリットは少しでもカメラを動かすと、ピンボケしてしまうことです。 ですので、夜間の撮影ではカメラを固定する必要がでてきます。 カメラを置く適当な場所があれば、カメラを置いて撮影しましょう。 手で持つと、少しでも揺れてしまうと、すぐボケてしまいます。

地面におくと汚れたり、水平に固定できないなど、適当な場所がない場合は三脚が便利です。 特にジャングルや砂漠などでは置く場所がありません。 三脚といっても大きくて長いものを持っていく必要はありません。最近は小さな携帯用の三脚が売られています。 写真にこだわりがある方は持っていくといいでしょう。



■写真は観光客に撮ってもらう

次に写真を撮ってもらうときの注意点ですが、 写真は現地人ではなく、同じ観光客に撮ってもらいましょう。 観光客でしたらカメラを渡して、そのまま持っていかれることがありません。

カメラを撮ってもらうときは荷物の管理に気をつけてください。 バックパックを地面に置いておいたりすると、いつのまにか盗られてしまうこともあります。

また現地の人だとカメラの使い方を知らない人が多く、ピンボケや景色と人間のバランスが悪かったりすることがあります。 半押ししてピントを合わせることを知らない人がかなりいます。 観光客であれば、写真を撮ることになれてますので、きれいに撮ってもらえることが多いです。


Prev : スーパーへ行こう - Next : 写真撮影禁止の場所について

●写真の撮り方・撮られ方



海外旅行術 - 記事一覧
■準備
持ち物リストとオススメグッズ
日本で揃えておきたい旅行グッズ
ノートパソコンを持っていく
ガイドブックを選ぶ
バックパックの選び方
バックパックの選び方 part2 - 登山用と旅行用の違い
おすすめサブバッグ(リュック型)
バックパック旅行に寝袋は必要か?
パスポートの取り方
ビザ・ESTAの取り方
ブラジルビザの取得
海外航空券の種類
海外航空券の探し方
海外航空券はいつ買うと安いのか?
観光地情報を調べる
荷物をコンパクトにする方法
海外旅行保険は入っておく
パスポートのコピーをとる
初日の宿はとっておく
バックパッカーに適した服装は?
国際免許の取り方
不在中の郵便物の扱い
公共料金は口座引き落としかクレジット払いにする
変換プラグと変圧器について
100円ショップで旅行用品を探す
余計なものは置いていこう
電気・戸締りの確認
黄熱病予防接種とマラリア予防薬について
緊急連絡先を控えておく
旅のルートと日程の決め方
■宿
宿の種類
宿を探す
宿選びのポイントとよくある不満
ドミトリーの泊まり方
ユースホステルはどんなとこ?
安宿のメリット・デメリット
宿のルールを確認する
Wi-Fiの接続方法
チェックアウト後に荷物を預ける
■移動
バス・飛行機のチケットを確保する
バスの乗り方(長距離、ローカル)
飛行機の乗り方
ノートパソコンとリチウム電池の扱い(飛行機の荷物)
タクシーの乗り方
地下鉄の乗り方
飛行機の乗り継ぎの仕方
飛行機の乗り継ぎに失敗したら
空路での入国審査と税関
空港・バスターミナルに深夜着いたらどうする?
バス・飛行機の座席の位置はどこがよいか?
リコンファームは必要か?
国境の越え方(陸路)
入出国カードの書き方
ロストバゲージの原因と対策
天気予報によってルートを変える
■食事
レストランで食事をする
屋台が安い
アイスを食べよう
コンチネンタルブレックファストとは
■セキュリティ
現金・クレジットカード・国際キャッシュカード・T/C
貴重品(パスポート・お金)の持ち方
お金はいくら持っていくか?
ATMで気をつけること
バッグの持ち方
襲われない歩き方
ミサンガ詐欺に注意
警官の汚職
首絞め強盗と睡眠強盗に注意
置き引きに注意
麻薬について
海外で事件・事故に遭わないための安全対策
■町歩き
ショルダーバッグが便利
インフォメーションを利用しよう
町でガイドブックを見るとき
雨の日の対処方法
スーパーへ行こう
写真の撮り方・撮られ方
小銭を用意しよう
日曜、月曜は休みが多い
教会で休憩しよう
タバコ持ってるか?
値段交渉の仕方
道に迷ったら
外国のトイレは汚い・少ない・有料
混雑する観光スポットは早朝に訪れる
■その他
町に着いて最初にやること
現地ツアーを利用しよう
洗濯の仕方
両替の仕方
為替レートの見方
海外ATMの使用方法
時差とサマータイムに気をつけよう
トイレのタイミングが大事
時間のつぶし方
他人のお土産は最後の町で買おう
一人旅か二人旅かそれ以上か
現地の言葉を覚える
バックパックの中身はきれいに入れておこう
国や町のことを知る
パスポートに押す記念スタンプについて
日記を書こう
マイルを貯めよう
外国人の友達を作ろう
ハプニングやトラブルを楽しもう
英語で住所の書き方
チップの相場と払い方
沈没とは
ときにはフリープランツアーが便利
高山病の症状と対策
自分のスタイルを確立する



■ピックアップ記事
バックパックの選び方
バックパックのブランド一覧
持ち物リストとオススメグッズ
海外格安航空券・ホテル予約サイト比較
 ■旅の本

高橋歩さんの本

 

 

 

 


吉田友和さんの本

 

 

 


その他の旅行本