バックパック

バックパッカー初心者のための海外旅行術

はじめてバックパックを背負っての海外旅行は不安だらけだと思います。
宿の探し方、貴重品の持ち方、移動の仕方、国境の越え方、ATMの使い方などバックパッカーは実際どうやって旅をしてるの?
などの疑問をもつ方のために、役に立つバックパッカー旅行術を紹介します。バックパッカー情報の他に観光情報や旅の写真なども公開しています。


 
■海外旅行術

■準備

パスポートの取り方


■日本のパスポートの威力 ■パスポートの取り方 ■5年用か10年用か? ■パスポートの写真と実際の見た目の差が大きい場合 ■パスポートの余白が足りなくなった場合

■日本のパスポートの威力

パスポートは海外でその人の身分を証明する重要なアイテムです。 近年ICチップ化され電子的にも情報を保持するようになりました。

日本のパスポートは海外で強力です。 非常に信頼度が高く、入国審査なども他国の旅行者と比べて、はやく終わることもよくあります。 日本のパスポートを出すだけで、笑顔になってくれる審査官も多いです。 ビザ免除の国も多いです。

これは、日本が経済大国で信頼できる国であることと同時に、多くの国に援助をしてきた結果と言えるでしょう。 借金大国の日本がなぜ援助しなくてはいけないのと思う方もいるかもしれませんが、このようなところで見返りがあるのですね。 東日本大震災のときも、発展途上国を含む多くの国が援助してくれました。 日本人はたいていの国で好印象をもたれるようです。 ただ信頼度が高いだけに、パスポートが狙われやすく、盗まれることがよくありますので、大切に管理してください。

■パスポートの取り方

さて、本題のパスポートの取り方ですが、申請時に必要な書類は新規発給と切替の場合で少しだけ異なります。 切替はパスポートの残存期間が1年未満の場合が該当します。

なお、ここの情報は2012年8月現在のものです。最新情報は外務省のサイトを確認するようにしてください。

申請書類新規切替備考
一般旅券発給申請書パスポート申請窓口で入手
戸籍謄本または戸籍抄本 1通△※申請日前6カ月以内に作成。
※記載事項に変更がない人は不要。
住民票の写し 1通△※△※※住基ネットに登録されてる方は不要(実質不要)。
写真 1枚縦45ミリ×横35ミリ。
無帽で正面。申請日前6カ月以内に撮影。
本人確認書類-運転免許証、写真付き住基カードなど。
古いパスポート△※無効処理をしてもらうため必要。
※初めて申請の場合は不要。

少し補足です。

申請書は窓口にありますので、その場で記入しますが、本籍を書く欄があります。 最近の免許証には本籍が書いてないので、事前に調べておきましょう。

住民票は住基ネットに登録されてる方は不要ですが、ほとんどの方は登録されてるので実質不要です。 住基ネットは個人単位での不参加はできません。自治体単位で参加不参加が決まります。 現在、福島県矢祭町以外の自治体は住基ネットに参加していますので、住民票は不要の方がほとんどです。

写真の写り具合は結構厳しいです。

外務省のサイトによると、意外にも切替時に本人確認書類は不要とのことです。 旧パスポートがあるからでしょうか?

古いパスポートは「VOID」というスタンプを押して穴を開けてもらいます。 記念に欲しければもらえます。

以前必要だった官製はがきは不要となりました。

パスポートの有効期限が切れそうな方は、切れる前に切替申請しましょう。切れた後の申請は戸籍謄本等必要になるため、役所に行くはめになってしまいます。 新規発給、切替以外の理由(IC旅券への切替、紛失や余白がなくなった場合など)で申請する場合は、また申請書類が異なりますので外務省のサイトで確認してください。

次に料金ですが、有効期間によって異なります。

有効期間料金
10年(20歳以上のみ)16000円
5年11000円
5年(12歳未満)6000円


■5年用か10年用か?

パスポートの有効期間は5年(青色)と10年(赤色)がありますが、基本的には10年用を取得すればよいでしょう。料金的にもお得です。 5年用はほとんど取得するケースはないかと思いますが、以下のような場合は5年用を選択すればよいかと思います。

・頻繁に外国へ行くため、スタンプを押す余白が足りなくなる可能性がある場合
・イスラエルのように入国すると他国への入国が拒否される場合、
 かつパスポートにスタンプが欲しい場合(期間が短い方がよいでしょう)
・写真と実際の見た目のギャップが相当大きく、心配な場合


■パスポートの写真と実際の見た目の差が大きい場合

パスポートを10年用で取ってると、10年前の写真と全く容姿が変わってしまったなんてこともあると思います。 特に若い頃は成長過程にありますので、ギャップが顕著に現れると思います。 実は私も髪型を坊主にしたことにより、パスポートの写真と大きく印象が変わってしまいました。 そのときに少し心配だったので、調べてみたことがあります。

調べた結果、ほぼ心配は無用ということがわかりました。 入国審査官もプロなので、多少の顔の変化くらいでは、別人と判断することはないということです。 例えば、多少の整形や、赤ちゃんが5年用でとって5歳になったときなんて全く印象が異なりますが、それでも大丈夫みたいです。 実際に私も海外で不振に思われたことはありません。

但し、入国審査というのは絶対的な判断基準はありません。 入国審査官が自分の判断で決めることですので、審査官が怪しいと思ったらダメとなるのです。 全ては審査官次第なのです。よって、もし本当に心配な方は、パスポートを5年用にしておいたり、期限一年未満だったら切替てしまうのもありかと思います。


■パスポートの余白が足りなくなった場合

バックパッカーよりビジネスで海外に行く人に多いのですが、パスポートにスタンプを押しすぎて査証欄の余白が足りなくなることがあります。 そのような場合は、パスポートを新たに申請する方法もありますが、増補といって既存のパスポートに40ページほど追加してもらう方法もあります。 新たに申請すると手間やお金がかかるので、余白が足りなくなったら増補するとよいでしょう。


Prev : バックパック旅行に寝袋は必要か? -
Next : ビザ・ESTAの取り方

●パスポートの取り方



海外旅行術 - 記事一覧
■準備
持ち物リストとオススメグッズ
日本で揃えておきたい旅行グッズ
ノートパソコンを持っていく
ガイドブックを選ぶ
バックパックの選び方
バックパックの選び方 part2 - 登山用と旅行用の違い
おすすめサブバッグ(リュック型)
バックパック旅行に寝袋は必要か?
パスポートの取り方
ビザ・ESTAの取り方
ブラジルビザの取得
海外航空券の種類
海外航空券の探し方
海外航空券はいつ買うと安いのか?
観光地情報を調べる
荷物をコンパクトにする方法
海外旅行保険は入っておく
パスポートのコピーをとる
初日の宿はとっておく
バックパッカーに適した服装は?
国際免許の取り方
不在中の郵便物の扱い
公共料金は口座引き落としかクレジット払いにする
変換プラグと変圧器について
100円ショップで旅行用品を探す
余計なものは置いていこう
電気・戸締りの確認
黄熱病予防接種とマラリア予防薬について
緊急連絡先を控えておく
旅のルートと日程の決め方
■宿
宿の種類
宿を探す
宿選びのポイントとよくある不満
ドミトリーの泊まり方
ユースホステルはどんなとこ?
安宿のメリット・デメリット
宿のルールを確認する
Wi-Fiの接続方法
チェックアウト後に荷物を預ける
■移動
バス・飛行機のチケットを確保する
バスの乗り方(長距離、ローカル)
飛行機の乗り方
ノートパソコンとリチウム電池の扱い(飛行機の荷物)
タクシーの乗り方
地下鉄の乗り方
飛行機の乗り継ぎの仕方
飛行機の乗り継ぎに失敗したら
空路での入国審査と税関
空港・バスターミナルに深夜着いたらどうする?
バス・飛行機の座席の位置はどこがよいか?
リコンファームは必要か?
国境の越え方(陸路)
入出国カードの書き方
ロストバゲージの原因と対策
天気予報によってルートを変える
■食事
レストランで食事をする
屋台が安い
アイスを食べよう
コンチネンタルブレックファストとは
■セキュリティ
現金・クレジットカード・国際キャッシュカード・T/C
貴重品(パスポート・お金)の持ち方
お金はいくら持っていくか?
ATMで気をつけること
バッグの持ち方
襲われない歩き方
ミサンガ詐欺に注意
警官の汚職
首絞め強盗と睡眠強盗に注意
置き引きに注意
麻薬について
海外で事件・事故に遭わないための安全対策
■町歩き
ショルダーバッグが便利
インフォメーションを利用しよう
町でガイドブックを見るとき
雨の日の対処方法
スーパーへ行こう
写真の撮り方・撮られ方
小銭を用意しよう
日曜、月曜は休みが多い
教会で休憩しよう
タバコ持ってるか?
値段交渉の仕方
道に迷ったら
外国のトイレは汚い・少ない・有料
混雑する観光スポットは早朝に訪れる
■その他
町に着いて最初にやること
現地ツアーを利用しよう
洗濯の仕方
両替の仕方
為替レートの見方
海外ATMの使用方法
時差とサマータイムに気をつけよう
トイレのタイミングが大事
時間のつぶし方
他人のお土産は最後の町で買おう
一人旅か二人旅かそれ以上か
現地の言葉を覚える
バックパックの中身はきれいに入れておこう
国や町のことを知る
パスポートに押す記念スタンプについて
日記を書こう
マイルを貯めよう
外国人の友達を作ろう
ハプニングやトラブルを楽しもう
英語で住所の書き方
チップの相場と払い方
沈没とは
ときにはフリープランツアーが便利
高山病の症状と対策
自分のスタイルを確立する



■ピックアップ記事
バックパックの選び方
バックパックのブランド一覧
持ち物リストとオススメグッズ
海外格安航空券・ホテル予約サイト比較
 ■旅の本

高橋歩さんの本

 

 

 

 


吉田友和さんの本

 

 

 


その他の旅行本