バックパック

バックパッカー初心者のための海外旅行術

はじめてバックパックを背負っての海外旅行は不安だらけだと思います。
宿の探し方、貴重品の持ち方、移動の仕方、国境の越え方、ATMの使い方などバックパッカーは実際どうやって旅をしてるの?
などの疑問をもつ方のために、役に立つバックパッカー旅行術を紹介します。バックパッカー情報の他に観光情報や旅の写真なども公開しています。


 
■観光情報

イースター島の観光方法


1.イースター島への行き方 2.宿探し 3.物価 4.ハンガロア村 5.観光手段 6.島の回り方

チリのイースター島は南米バックパッカーにとっては非常に人気のある観光地です。 スペイン語ではイスラ・デ・パスクア、現地語ではラパ・ヌイと呼ばれています。 チリ本土から3700km離れており、飛行機代が高くつきますが、 それでも行ってみたい、モアイを見たいという方は多いです。 ここではイースター島の観光情報を簡単に紹介します。

イースター島のモアイ

※情報は2012年2月時点のものですので、今後変更される可能性はあります。

1.イースター島への行き方

イースター島へ行く方法は3つあります。

①チリのサンチャゴ経由
②タヒチのパペーテ経由
③ペルーのリマ経由

※注意
ラン航空は2013年3月3日を持ってリマ経由便を休止しました。
以前も一度休止して復活してるので、こまめに情報をチェックしましょう。


いずれもラン航空を使用します。 以前はチリとタヒチ経由だけでしたが、リマ便も加わりました。 南米にいるのであれば、リマ経由が安くておすすめです。 また飛行機は毎日出てるわけではないので、 事前にフライト日時を調べておきましょう。 便数が少ないため、時間に余裕がない人は、早めに予約する必要があります。 飛行機はすべてマタベリ空港に到着します。

ラン航空

フライトの値段やスケジュールを確認したい場合は以下のサイトを使うと便利です。 最安値なども表示してくれます。

 スカイスキャナー

2.宿探し

1月もしくは2月のお祭り(タパティ)の期間でなければ、 予約なしでも大丈夫だと思いますが、 心配な方や夜中に着く方などは予約しておいてもいいかもしれません。 ただ、たいてい空港に客引きがいますので、 あまり心配しなくてもいいかと思います。

また宿代を安く抑えたい方には、キャンプ場があります。 有名なキャンピング・ミヒノアは日本人に人気がありますが、人気のためにキャンプ場がいっぱいの場合があります。

ちなみに宿は全てマタベリ空港のあるハンガロア村内にあります。 マタベリ空港からすぐ近くなので、歩いて移動することが可能です。 宿を予約していると車で送迎してくれたりしますが、送迎するほど遠くありません。

Wi-fiは使える宿もありますが、速度は遅いです。

3.物価

チリ本土に比べると、かなり物価は高いです。 レストランで食事をすると、かなり出費をする羽目になりますので、 できれば自炊をしたいところです。

ペットボトルの飲み物も高いので、500mlの空ペットボトルを持参して、 スーパーで1.5リットルを買い、空のペットボトルに移し変えるといいでしょう。 ゲータレードなどのスポーツドリンク系はかなり高いです。

ちなみに通貨はチリペソとUSドルが使えますが、 ペソを使ってる人の方が多いようです。

4.ハンガロア村

レストラン、お土産屋、スーパー、宿、郵便局、教会、墓地、サッカー場などたいていのものは揃っています。 ATMもありますが、数は少ないです。 ハンガロアは、かなり小さい村で、一通り見るのに1時間もかかりませんので、 モアイ観光を終えてしまった人は、暇をもてあますことでしょう。

5.観光手段

以下の3つがあります。

①徒歩
②レンタサイクル(自転車)
③レンタカー
④現地ツアー

1人で観光してる人はレンタサイクルかツアーが多いです。 複数人で観光してる方はレンタカーかツアーです。 (あまり見かけませんでしたが、レンタルバイクもあるようです。)

徒歩は現実的ではありませんが、 ハンガロア近くのラノウ・カウの火口は行けない事もありません。 レンタカーは左ハンドルです。 保険はかけられてないので、何かあったら貸主の設定した賠償額を払わなければなりません。 レンタサイクルも鍵をなくしたり、壊れたりしたら賠償額を払う必要があります。 舗装されていない道が多いので、気をつけましょう。 また日差しが強いので日焼け止めや帽子を用意しておきましょう。

イースター島の道

現地ツアーは費用が割高ですが、バスで移動し、ガイドがいるので安心です。 予約は前日くらいにしておけば大丈夫でしょう。

また観光ではありませんが、 スキューバダイビングなどのレジャーをする人も多いです。

6.島の回り方

イースター島の観光箇所は大きく3つのエリアに分けられています。

①ハンガロア村やラノウ・カウの南エリア

ラノウ・カウタハイ儀式村

②アフア・キビ(7体のモアイ)、プナパウなどの西エリア

アフア・キビプナパウ

③アフ・トンガリキ(15体のモアイ)、ラノ・ララクなどの東エリア

アフ・トンガリキラノ・ララク

①②はあわせて1日で回ることが可能です。 ③は1日かかります。

現地ツアーも①②を一緒にめぐるツアーと③をめぐるツアーの2種類が多いです。 東エリアはかなり遠くまで行くので、ツアーかレンタカーがいいでしょう。 レンタサイクルで回る方も多いですが、相当疲れます。 なおハンガロア村のタハイ儀式村とイースター島博物館は歩いていけます。


イースター島はなかなか行きづらい場所ですので、 ちゃんと宿があるの?とかどうやって島内を観光するの? などの疑問があるかもしれませんが、飛行機だけ予約してしまえば、 あとは予約なしでもなんとかなります。

一生に一度行けるか行けないかの場所ですので、 モアイを存分に楽しんでください。

※イースター島に関しては地球の歩き方で専用のガイドブックが発売されています。

  


Prev : はじめてのバックパッカーにおすすめの国は?
Next : 「地雷を踏んだらサヨウナラ」報道写真家・一ノ瀬泰造さん

●イースター島の観光方法


海外旅行術 - 観光情報
■観光情報
乾季のウユニ塩湖 VS 雨季のウユニ塩湖 どっちがよい?
はじめてのバックパッカーにおすすめの国は?
イースター島の観光方法
「地雷を踏んだらサヨウナラ」報道写真家・一ノ瀬泰造さん
動物見るならアフリカのサファリ?南米ジャングルツアー?
ギアナ高地ロライマ山へ登るツアーに参加
バックパッカーのバイブル「深夜特急」を読もう
世界最大の一枚岩ではないエアーズロック
オーバーランドツアーでアフリカを旅する(知識編)
オーバーランドツアーでアフリカを旅する(旅行記編1)
オーバーランドツアーでアフリカを旅する(旅行記編2)
バックパッカーから見た観光地としての日本
世界遺産とは?(海外と日本の遺産リスト)
南フランスの旅(プロヴァンスとコート・ダ・ジュール)
ガラパゴス諸島の旅行方法
ガン鉄道(オーストラリア大陸縦断鉄道)に乗る
マチュピチュを観光してワイナピチュにも登る
世界最大落差979mの滝・エンジェルフォールの旅
バックパッカーが旅したくなるDVD
なぜトルコは親日国となったのか?
南米のパタゴニアを旅する
日本人バックパッカーに多い?世界一周旅行
スペイン・アンダルシアの旅
海外格安航空券・ホテルの予約サイトを比較してみました
バルセロナから小国アンドラへ日帰り旅行
最も危険な道・ボリビアのデスロードをチャリで疾走
ニュージーランドの南島を旅する
ラスベガスでカジノとアトラクションを楽しむ
さまざまな旅行テーマ - 鉄道旅行、世界遺産・美術館めぐり
ワールドカップ・五輪開催地-リオデジャネイロを観光
5つの村の世界遺産チンクエテッレを歩く
イグアスの滝 アルゼンチン側 VS ブラジル側 どっちがよい?
最大39時間!南米の長距離バスはこんなかんじだった。
クイアバから大湿原パンタナールへ4日間の旅
海外旅行の予算がいくらかかるかシミュレート
キング・フセイン橋(アレンビー橋)の国境の越え方
ミラーレスE-PL6購入 - 旅行に最適なカメラは?
インディ・ジョーンズの舞台にもなったヨルダン・ペトラ遺跡
世界の七不思議は不思議ではない!?
台湾の九分と十分を観光する
西洋絵画を知ればヨーロッパが楽しくなる
ナスカの地上絵をセスナで見る(感想あり)
世界の通貨と為替レート(参考値)
旅先で聴きたい曲いっぱい
エルサレム1泊2日でどれだけ観光できるか?
わずか41ヶ月で荒野につくられた首都ブラジリア
スイスを旅行する(山と鉄道の旅)
海外航空券・ホテルの予約サイト(再まとめ)
塩分濃度約30%!死海へ行って浮く
オーストラリアのETA(観光ビザ)取得方法
グレートオーシャンロードの現地ツアーに参加
世界で撮ったそれほど凄くない写真1
世界で撮ったそれほど凄くない写真2
世界で撮ったそれほど凄くない写真3
本場オクトーバーフェストでドイツビールを飲む
世界一住みやすい都市メルボルンを観光する
絶景のドイツ最高峰ツークシュピッツェ
バンコクの見所とバックパッカーの聖地カオサンロード
キリマンジャロ登山のツアーに参加(知識編)
ついに一眼レフカメラEOS購入!



■ピックアップ記事
バックパックの選び方
バックパックのブランド一覧
持ち物リストとオススメグッズ
海外格安航空券・ホテル予約サイト比較
 ■旅の本

高橋歩さんの本

 

 

 

 


吉田友和さんの本

 

 

 


その他の旅行本