バックパック

バックパッカー初心者のための海外旅行術

はじめてバックパックを背負っての海外旅行は不安だらけだと思います。
宿の探し方、貴重品の持ち方、移動の仕方、国境の越え方、ATMの使い方などバックパッカーは実際どうやって旅をしてるの?
などの疑問をもつ方のために、役に立つバックパッカー旅行術を紹介します。バックパッカー情報の他に観光情報や旅の写真なども公開しています。


 
■観光情報

バックパッカーから見た観光地としての日本


■観光立国を目指す日本 ■外国人が日本を訪れない理由 ■日本を旅する上で不便な点

■観光立国を目指す日本

観光立国とは、平成20年に発足した観光庁が推進しているもので、 簡単にいうと「住んでよし、訪れてよしの国づくり」を目指すものらしいです。 その中には地域経済の活性化や国際交流による相互理解などの目的も含まれています。

なんでも2019年までに訪日外国人を3000万人まで増やすのが目標だそうです。 ちなみに2008年は835万人が訪れたそうです。 観光庁のサイトには、なぜかここ数年の実績がアップデートされていません。。 東日本大震災の影響で計画を見直してるのでしょうか?ただ震災後の現在、観光客の数は徐々に回復しているようです。

個人的には観光による経済の活性化や国際交流には賛成です。 ここでは自分が外国人バックパッカーと仮定して、 日本を訪れない理由、また日本を訪れたとして、旅する上で不便と思うことを考えてみました。


■外国人が日本を訪れない理由

まず日本を訪れない理由です。

①遠い

欧米人にとっては、単純に遠いという理由が一番ではないでしょうか? しかし、遠くても中国やタイは人気があるようです。 というわけで、遠いだけが原因ではないかもしれませんが、 海外で出会ったバックパッカーに「日本に来なよ」って言っても、「遠いんだよね」ってよく言われます。 余談ですが、欧米人にとっては、オーストラリアがめちゃくちゃ遠いみたいです。

②物価が高い

これも「遠い」に匹敵する理由だと思います。 確かに安宿はないし、交通費は高いし、貧乏旅行者泣かせの国だと思います。 但し、個人的には食費は安い気がします。 500円でおなかいっぱいになる定食屋なんかたくさんありますし、 最近の牛丼屋戦争もあり、ヨーロッパで食事をするより安いのではないでしょうか? 料理が1人分で頼めることも結果的に値段を安くしているのでしょう。 その他100円均一も安くて便利だと思います。

③円高

物価が高いのに加えて、円高では行く気にならないでしょう。

④魅力がない?魅力が伝わってない?

これは勝手な想像ですが、外国人からすると、日本は訪れるほど魅力的な国に思えないのかもしれません。 歴史に関しては歴史が古くてスケールのでかい中国、リゾートならタイ、遺跡ならカンボジアのアンコールワットなど、 初めてアジアに旅行する人はそちらへ先に行ってしまう気がします。

自然に関しては、アフリカや南米など、すさまじい絶景があるので、わざわざ日本へ来ないのでしょう。

個人的には、日本のよさは圧倒的な絶景というより、控えめで素朴な風景・自然だったり、独特な日本文化・食だと思います。 その良さに興味がある外国人でないと旅先の候補には選ばないのかもしれません。 宣伝も一工夫する必要がありますね。


■日本を旅する上で不便な点

次に外国人観光客(特にバックパッカー)の視点から、日本で不便なのではないかと思うことを考えてみました。

①安宿がない、予約が必要

日本の宿は、気軽に飛び込みで泊まれるような安宿が少ない気がします。 特にドミトリーとなるとユースホステルくらいしかないのではないでしょうか? 実は日本人も知らない安宿がロンリープラネットに載ってるようですが、それでも一部の地域で、全体的には多くはないと思います。

ビジネスホテルというのもありますが、少しホスピタリティに欠ける気がします。 もっとアットホームなゲストハウスやB&Bのような宿があれば、行き当たりばったりの旅をしてるバックパッカーも心が休まることでしょう。

宿主催のツアーや空港への送迎サービス、電車やイベントなどのチケット手配もあるとよいと思います。

②両替所がない

外国へ行くと手持ちの現地通貨がなくなり、両替の必要なときがありますが、日本には銀行を除き町中に両替所がありません。 しかも、銀行は平日は早く閉まってしまうし、土日は営業してません。 外国人旅行者からしたら非常に不便かと思います。 でも、最近はクレジットカードのキャッシングや国際キャッシュカードで調達してしまうと思うので、問題ないのでしょうか?

③観光案内所がない

外国の町には必ずと言っていいほど観光案内所があります。 だいたいiマークが目印になってます。 観光案内所で地図をもらったり、ホテルやツアーの手配をお願いできます。 地図をもらうときは、町の観光スポットをひと通り説明してくれるのが普通です。 困ったときの相談にものってくれます。 場所によっては1つの町で2~3つの案内所があるとこもあります。

日本の場合は、都市部でほとんど観光案内所を見かけたことがありません。 地方へ行くと観光案内所ありますが、閑散としていてあまり使われてない気がします。 おそらく日本人旅行者は事前にガイドブックなどで詳細に調べてくるので、あまり需要がないのでしょう。 しかし、外国人バックパッカーからしたら情報を仕入れる場所としてぜひ欲しいところです。

④現地ツアーがない

私は海外旅行するとき、現地ツアーによく参加します。 予定は現地で決めたいので、すぐ参加できる現地ツアーが便利だからです。 ツアー当日もホテルまでピックアップしてくれるものもあります。

日本の場合、現地ツアーやシティツアーというのがほとんどない気がします。 よくバスツアーとかありますが、事前に予約が必要ですし、英語の対応もないので、 外国人が簡単に参加できるようなものではないでしょう。

あと外国ではホテルや観光案内所でツアーを紹介してくれたり、 場合によっては手配までくれるのですが、 日本ではあまりそういうサービスはみかけません。 なんでも予約重視な、お国柄のせいかもしれません。

⑤英語が通じない

日本人は英語が苦手です。 あらゆるところで英語が通じないことがほとんどでしょう。 英語の説明もない場所が多いです。 とくに地方には英語の看板なんて全くありません。

英語が苦手な方は優しさでカバーしましょう。

⑥タクシー代が高い

外国へ行くとタクシーを使うことが多いですが、皆さんご存知のとおり、日本のタクシー代は、ずば抜けて高いです。 なぜこんな高いのでしょう。日本人でもあまり使いたくありません。 他の交通手段が発達してるのが、せめてもの救いです。

⑦電車が複雑

世界中のどこの都市を見ても日本ほど電車の路線が複雑な国はありません。 複雑すぎて、よく迷っている外国人観光客を見かけます。 目的の駅を探して切符を買うのも大変です。 最近はSUICAなどのICカードにより、切符を買うのが楽になりましたが、 外国人旅行者も利用してるのでしょうか?

外国では1日券があったり、切符を買うにしてもゾーン制(同じゾーンで均一料金)になってるので、楽に購入できます。 また路線も複雑ではないので、案内が単純で分かりやすいです。

⑧道に名前がついていない

これは結構重要です。 海外では、どんなに小さな道でも名前がついています。 目的の場所へ行く際は、地図に書いてある道の名前を頼りに探します。 また道の名前も道が交差する場所に建ってる家の壁などに書いてあります。

一方、日本には大きな道路以外に名前がついていません。 日本人は事前にインターネットで道を調べてから行ったり、外で迷ったらスマートフォンで探したりしますが、 外国人は何を頼りに探すのでしょうか?

⑨空港が遠い

関東限定の話ですが、成田空港が遠すぎです。 羽田に期待します。


というわけで、もっと日本を盛り上げて、外国人観光客を誘致したいですね。


Prev : オーバーランドツアーでアフリカを旅する(旅行記編2)
Next : 世界遺産とは?(海外と日本の遺産リスト)

●バックパッカーから見た観光地としての日本


海外旅行術 - 観光情報
■観光情報
乾季のウユニ塩湖 VS 雨季のウユニ塩湖 どっちがよい?
はじめてのバックパッカーにおすすめの国は?
イースター島の観光方法
「地雷を踏んだらサヨウナラ」報道写真家・一ノ瀬泰造さん
動物見るならアフリカのサファリ?南米ジャングルツアー?
ギアナ高地ロライマ山へ登るツアーに参加
バックパッカーのバイブル「深夜特急」を読もう
世界最大の一枚岩ではないエアーズロック
オーバーランドツアーでアフリカを旅する(知識編)
オーバーランドツアーでアフリカを旅する(旅行記編1)
オーバーランドツアーでアフリカを旅する(旅行記編2)
バックパッカーから見た観光地としての日本
世界遺産とは?(海外と日本の遺産リスト)
南フランスの旅(プロヴァンスとコート・ダ・ジュール)
ガラパゴス諸島の旅行方法
ガン鉄道(オーストラリア大陸縦断鉄道)に乗る
マチュピチュを観光してワイナピチュにも登る
世界最大落差979mの滝・エンジェルフォールの旅
バックパッカーが旅したくなるDVD
なぜトルコは親日国となったのか?
南米のパタゴニアを旅する
日本人バックパッカーに多い?世界一周旅行
スペイン・アンダルシアの旅
海外格安航空券・ホテルの予約サイトを比較してみました
バルセロナから小国アンドラへ日帰り旅行
最も危険な道・ボリビアのデスロードをチャリで疾走
ニュージーランドの南島を旅する
ラスベガスでカジノとアトラクションを楽しむ
さまざまな旅行テーマ - 鉄道旅行、世界遺産・美術館めぐり
ワールドカップ・五輪開催地-リオデジャネイロを観光
5つの村の世界遺産チンクエテッレを歩く
イグアスの滝 アルゼンチン側 VS ブラジル側 どっちがよい?
最大39時間!南米の長距離バスはこんなかんじだった。
クイアバから大湿原パンタナールへ4日間の旅
海外旅行の予算がいくらかかるかシミュレート
キング・フセイン橋(アレンビー橋)の国境の越え方
ミラーレスE-PL6購入 - 旅行に最適なカメラは?
インディ・ジョーンズの舞台にもなったヨルダン・ペトラ遺跡
世界の七不思議は不思議ではない!?
台湾の九分と十分を観光する
西洋絵画を知ればヨーロッパが楽しくなる
ナスカの地上絵をセスナで見る(感想あり)
世界の通貨と為替レート(参考値)
旅先で聴きたい曲いっぱい
エルサレム1泊2日でどれだけ観光できるか?
わずか41ヶ月で荒野につくられた首都ブラジリア
スイスを旅行する(山と鉄道の旅)
海外航空券・ホテルの予約サイト(再まとめ)
塩分濃度約30%!死海へ行って浮く
オーストラリアのETA(観光ビザ)取得方法
グレートオーシャンロードの現地ツアーに参加
世界で撮ったそれほど凄くない写真1
世界で撮ったそれほど凄くない写真2
世界で撮ったそれほど凄くない写真3
本場オクトーバーフェストでドイツビールを飲む
世界一住みやすい都市メルボルンを観光する
絶景のドイツ最高峰ツークシュピッツェ
バンコクの見所とバックパッカーの聖地カオサンロード
キリマンジャロ登山のツアーに参加(知識編)
ついに一眼レフカメラEOS購入!



■ピックアップ記事
バックパックの選び方
バックパックのブランド一覧
持ち物リストとオススメグッズ
海外格安航空券・ホテル予約サイト比較
 ■旅の本

高橋歩さんの本

 

 

 

 


吉田友和さんの本

 

 

 


その他の旅行本